Our House Story Interview06

  1. HOME
  2. お客様の声
  3. Interview06

interview06

interview06の写真1

OUR HOUSE STORY

家族の夢と思いをギュッとつめこんだ
こだわりのおうち

岡山市 Y様

(取材・ソウルノート)

日常にときめく!そんな気分。
どんどん、インスピレーションが湧いてくるのは、
この家で暮らし始めたおかげなのかも。

ゼストを知ったきっかけを教えてください。

高知で暮らしていましたが、実家がある岡山に戻ってきたのを機会に家を建てたいと考えるようになりました。地元の雑誌でゼストの存在を知り、そこに載っていた『赤い扉の家』に一目惚れして資料を請求。その後、インテリアショップZESTを訪問した時、最初に対応していただいたのが阿部さんでした。
物腰が柔らかくて、私の話を親身になって聞いてくださる姿が印象的でした。他社では、結論をせかされることが多かったので、「急いで建てる必要はないですよ。じっくり進めていきましょう」と言ってくださったのもポイントが高かったですね。

ゼストで家を建てようと思った決め手は?

土地からの購入を考えていたのですが、阿部さんから「希望の土地+家の総額だと、考えられている予算では厳しいですよ」とはっきりと教えていただき『家を大きくするよりも空間にこだわる』ことで、予算を抑えつつ満足度の高い家づくりができることも知りました。また、人気のエリアであることから土地探しも難航していたのですが、タイミングよく以前住んでいたマンションの近くに土地を見つけていただけました。そして、なんといっても決め手になったのは家族で行ったゼストの家の見学会です。細やかな工夫やこだわりがいっぱいで、感度の高さにびっくり!「やっぱり家を建てるならここしかない!」と確信しました。

interview06の写真2
interview06の写真3

どんな風に家づくりを進めていったのですか?

土地が農地だったので宅地の造成や申請などの手続きに時間がかかりましたが、その分、しっかりと入部さんとプランニングを詰めることができました。入部さんは、会った瞬間から不思議なほど私と趣味や感覚が近く、雑誌の切り抜きをみせるまでもなく、話の内容だけで「こんな感じが好きじゃないですか」とサクサクとスケッチブックにイメージを描いて見せてくれました。最初に提案していただいたプランから、間取りに関しては、ほとんど変わっていません。私にとっては、まさに『神的存在』ですね(笑)。
漆喰の壁や無垢の床、アンティーク風な擦りガラスやドアノブを取り付けた建具など、漠然と思い描いてはいましたが、どれも私が想像していた以上。「ガラスも、ドアノブも照明も、こんなにたくさんの中から選べるなんて!」と毎回驚きの連続でした。週1回の打ち合わせが楽しくて、楽しくて。いつも待ち遠しかったですね。

家の中にアトリエがあるんですね。
こだわりを教えてください。

ハンドメイドの洋服を企画、デザインして販売をしているんです。だから、家を建てるときには、小さくてもいいからアトリエスペースが欲しかったんです。主人が仕事に行って、子どもたちを学校や保育園に送り出したら、そこからは私の時間。アトリエにこもって思う存分製作に取り組むことができます。ちょっと日常から隔離されたような小さな扉と隠れ家風な雰囲気が思い描いたイメージ通り。ハンガーフックや照明、作業台なども、ゼストのショップでコーディネートしました。作業効率+デザイン性に大満足しています。おかげで、以前より集中力やインスピレーションがアップしたみたい!

interview06の写真4

オーダーメイドのキッチンも素敵ですね。

「アトリエにこだわった分、キッチンはシステムキッチンでいいかなあ・・」と妥協しかけていた私を奮いたたせてくれたのは「ここまでこだわっているんだからもったいない!キッチンもオーダーメイドにしましょう!」という入部さんの一言でした。もちろん予算との兼ね合いもありましたが、決して妥協案ではなく、希望に近いカタチで思いを叶える方法をいろいろと考えてくれました。結果は見ての通り。「あきらめなくてよかった!」というのが今の偽らざる心境です。

住み心地はいかがですか?

高性能のサッシや断熱材はもちろんですが、珪藻土や無垢の床などの自然素材にこだわったことで、以前のマンション暮らしの時とは比べものにならない程快適な毎日です。この冬はホットカーペット要らずで、日中はずっと足元ポカポカ。以前のように結露に悩まされることもありませんでした。オープンキッチンですが、珪藻土に消臭効果があるせいか食べ物の匂いも気になりません。外から家に帰ってくるとほのかな木の香りがしてなんだか癒されます。本当に、家に居ることが好きすぎて、最近では外出が少なくなったような気がしています。

最後に、これからゼストで家づくりを考えている人へ
メッセージをお願いします。

これから、ゼストで家を建てる人は、「こんなワガママ言ってもいいかなあ」と思わずに何でも希望を遠慮なく話してみることをおすすめします。
私は今までも入部さんや阿部さんから「無理です」とか「できない」という言葉を聞いたことがありません。もちろん予算的に全ては思い通りにならないこともあるかもしれません。でも妥協したっていう気がしないのは、「こうしたら、思っている感じに近くない?」と入部さんが提示してくださるアイディアやプランがあまりにも素敵だから。結果として「全部思い通りの家ができた!」という満足感が得られるんです。これがゼストマジックなのかもしれません。

interview06の写真

このお客様の施工写真をみる

資料請求 無料 こちらから