構造

  1. HOME
  2. 構造

構造

木造造軸組工法

日本で古くからもちいられてきた、柱(ハシラ)や梁(ハリ)と呼ばれる木材を使用し、お家の骨組みを組み上げていく工法です。木造造軸組工法は、骨組みの事を軸組と呼び、木材の軸組を中心に地震や台風など自然の災害にも立ち向かうことができる丈夫な構造です。

◆ポイント!
  • 四季のある日本の風土に適した歴史のある伝統的な構造です。
  • 構造的に制約が少なく、間取りは比較的自由に設計でき、デザイン性を高めることが可能です。
  • 10年、20年後にライフスタイルが変化した時にも増改築が容易にできます。
  • 耐久性の高い無垢材(杉)や補強金物(耐震金物)を使い、耐震性が飛躍的に向上しています。

ZESTでは、以下のような方法で
さらに軸組工法の耐震性・耐久性をより高めています

  • 土台には耐久性の高いヒノキ材を使用。(ヒノキチオール成分により防腐・防蟻効果も高い。湿気や水分にも強い)
  • 構造体には無垢材(杉)を使用しています。
  • 床組は剛床構造。 (梁に直接、厚さ28mmの構造用合板を敷き詰め、床全体がひとつの面となって支える構造)を採用し、根太構造(一般的な工法)の3倍の強度を持ちます。
  • 耐力壁の数や配置のバランスに配慮した設計はもちろん、 柱や筋交いに耐震性を高める接合金物を使用し、さらに強度を高めています。

資料請求 無料 こちらから