ゼストの家づくりコンセプト

 ゼストが家づくりで大切にしていること

デザインから住宅性能まで住むほどに好きになるお家。

感性豊かなデザインはもちろん、住むほどに実感できる高い性能やアフターサービスの確かさ。

20年後、30年後も、ずっと満足の続く住まいをご提案します。

【聞く力】

ちいさな日常から年を重ねた
将来の暮らしまで想いを寄せる。

私たちが家づくりにおいて一番大事にしているのは、「聞く」ということ。

オフタイムの過ごし方や、家族の将来まで、雑談とともにいろいろなお話を聞かせていただき、その言葉から、ご家族それぞれの好みや生活パターンを汲み取って、具体的なプランへとつなげていきます。

例えば洗濯という家事ひとつにしても、洗って、どこに干す?雨の日はどうする?収納場所は?それなら、身支度の動線も一緒に考えませんか?…というように、日常の動作の流れをこまやかに聞き取るので、生活し始めてから「こうすればよかった」ということがありません。

住む人の目線で考え抜かれたプランは、はじめから住み慣れた家のよう。

日々のなにげない瞬間に、暮らしやすさを実感できる住まいです。

 【提案力】

カフェのように心やすらぐ調和のとれたデザイン。

窓辺の光や影、料理をする物音までもが絵になるようなZESTの住まい。

そんな暮らしを実現するために大切なのは、高いデザイン性と生活動線を考慮したプランニングです。

手掛けるのは、みずからも自宅を建て、家事や子育てといった日々の暮らしを実践してきた女性設計士。

建築のプロとしての深い知識と、海外生活を含むさまざまな暮らしから得たものとを重ねることで、住む人にとって本当に心地のよい住まいを提案することができるのです。

また、造作のキッチンや洗面台、建具などは、ZESTの住まいの大事な要素のひとつです。

住む人それぞれの暮らし方や好みに合わせて、素材や色味まで丁寧に吟味して提案するので、インテリアとの自然な調和が図られます。

触れるたび、眺めるたびにうれしくて、住むほどに好きになる…そんな特別な住まいを、大切につくっています。

 

【建築力】

熊本地震でも倒壊をまぬがれた優れた住宅性能。

ZEST本社のある熊本で起こった震度6の大地震でも、ZESTの家は1軒も倒壊することがありませんでした。

日本の気候に合った木造軸組構造を基本に、一般的な工法の3倍の強度をもつ剛床構造や接合補強金物などを採用し、災害に負けない優れた耐震性・耐久性を実現しています。

この強固な家づくりを支えているのが、優れた技術を持ち、経験も豊富な大工や職人たち。

私たちの家づくりを理解し、共感している職人たちによる、妥協のない施工があってこその性能なのです。

 

【インテリアショップ】

いつでも気軽に立ち寄り相談できるインテリアショップ。

インテリアショップは、ZESTの家づくりを表現する場所。

いつでも気軽に立ち寄って私たちの家づくりを体感することができます。

ZESTでは、家づくりに関する全てをご提案しているので、ショップには照明や家具など暮らしにまつわる、さまざまなアイテムをそろえています。

家づくりの打ち合わせスペースもショップの一角にあるので、雑貨選びをしながら実際の打合せの様子も垣間見ることができ、住まいへの夢が広がります。

また、家づくりを終えたOBさまに、いつでも好きなときに立ち寄っていただけるのもショップのいいところ。

生活雑貨やインテリアパーツを探すついでに、メンテナンス等のささいなことも気軽に相談できると好評です。

建てる前も建てた後もZESTとお客様をつなぐ大切な場所となっています。

 

【責任力】

建てた後にも責任をもつアフターメンテナンス。

つくり手と住み手とのおつきあいは、建ててからのほうがずっと長いもの。

ご縁のあったお客さまといつまでもいい距離感でつながっていたい…そして、自分たちがつくったものに最後まで責任をもちたい。

そんな思いから、私たちはアフターメンテナンスまで一貫して自分たちの手でおこなっています。

1、3、5、10年の定期的なメンテナンス訪問はもちろんのこと、例えば、「猫が壁を傷つけてしまったけど、どうしたらいい?」とか「珪藻土の壁に汚れがついてしまって、どうやったらきれいになる?」など、お家に関する困りごとも、いつでも対応いたします。

また実際にお伺いすることはもちろん、おうちで解決する方法や、上手なお手入れの仕方などもアドバイスさせていただきます。

ページトップへ