素材のこと

 

お部屋の壁を仕上げる素材、と言って思い浮かぶのは何でしょうか?

色や柄が豊富なビニールクロスを思われる方がほとんどだと思います。

ビニールクロスのいいところは、選ぶのに困るほどの豊富な種類と、張替えやすさ、コスト的にも優しいこと。

でも一方デメリットとしては、ビニール製なので静電気を帯びやすいこと、敏感な方は臭いに悩まされることなどがあります。

ほかの選択肢としてよく採用しているのが珪藻土。これは調湿、消臭作用がある自然素材。

左官の手による仕上げで表情豊かな上に室内の空気を浄化してくれるので、お引き渡し後のお客様からとても喜ばれています。もちろん、割れることもありますし、コストもクロスに比べて高いというデメリットもあります。

おうちの打ち合わせでは、できるだけ自然の体に優しいものをお使いいただきたいと思い、それぞれの素材のいいところと不得意なところをご説明して、バランスよく使い分けていけるようご提案をしています。

例えば先ほどの壁の仕上げ材では、ビニールクロス、珪藻土のほかにも、自然塗料を塗った紙製クロスや板壁、タイル、珪藻土の機能を持たせたクロスなど。

床も無垢材を基本としていますが、木の種類による向き不向きや、床暖房に対応するもの、タイルやレンガなどさまざまな素材の特徴をご理解いただいたうえでお選びいただけるように打ち合わせをさせていただいています。

そしてのちのちのメンテナンスについてもしっかりご説明とフォローをして、お引き渡し後も安心して住んでいただいています。

ページトップへ