お客様の声

地域別|すべて

『これだけは譲れない』という家への想いや夢もたくさんのアイデアで実現してくれた!

岡山県倉敷市 F様邸

取材・ソウルノート

Q.ゼストを知ったきっかけは?

A.無垢材や漆喰など、体に優しい自然素材の家に憧れていました。でも、いくつか回った住宅会社は「価格が上がる」「メンテナンスが大変ですよ」などとなかなか取り入れてくれようとせず、見積りやプランをお願いしても「なんか違うなあ」という印象。そんなとき、ママ友がゼストの事を教えてくれたんです。お家の写真が載ったチラシを見ただけで「他とは違う!」とビビッと来た私。最初は余り乗り気ではなかった主人も、そこに載っていたマリン照明が気になったようで、一緒に完成現場見学会を見に行くことにしました。

 

 Q.見学会の印象は?

 A.そのお家は、ゼスト倉敷で建てた最初のお家だったそうですが、入った瞬間に一目惚れ! お家の雰囲気も素敵だし、入部さんという女性の建築士が手がけられたということで、家事の動線など細やかな工夫にも好感が持てました。そこで、入部さんに家への想いをたくさん伝えたんです。すると、決して「無理です」とは言わず、想いを叶える方法をいろいろと考えてくれました。このときに、「ここで建てるのかな」という予感がすでにありました。

Q.その後、ゼストで建てる決め手になったのは?

A.私たちは土地から探していたのですが、その相談にも親身に乗っていただけたことが大きかったですね。トータルの予算から土地にかけられる金額を逆算し、希望するエリアで探してくれて…。土地が決まるまでに少し時間はかかりましたが、その間、入部さんと家の話をたくさんできたので、その後のプランもすんなり進んだと思います。

Q.一級建築士・入部さんとの家づくりはどうでしたか?

A.入部さんは、一言でいえば「アイデアがキレる」女性。「こうしたい」という希望を伝えたら、予算や間取りなどの関係で少しつまづいても、どう実現できるかを前向きに考えてくれるんです。そのためのアイデアが次々に出てきて、いろんな選択肢を与えてくれるので、本当にありがたかったです。これぞプロの仕事、という印象でした。

さらに、「本当に希望通りになるのかな?」と不安に思えば、その場でさらさらとイラストを描いて具体的にイメージさせてくれたのも嬉しかったです。そのイラストを持ち帰って、家で「こういう風にできるんだ」と眺めるのが楽しみでした。

Q.家づくりの中で印象深い思い出は?

A.とにかく、本当にたくさんのワガママを聞いてもらえました。横一直線に並んだキッチンとダイニング、リビングから目線が届く書斎、玄関を広く見せる鏡に、洗濯物を取り込める畳スペース…。「これだけは譲れない」という部分を、いろんなアイデアでしっかり実現していただけました。

なかでも印象深かったのが、リビングの杉板の壁。いろんな木の色の組み合わせでデザインしようとしたのですが、木材が来てみないと色合いやバランスの善し悪しが分からない。そこで、現場で実際の板を見ながら色のバランスを決めたんです。主人のオーディオルームも、現場へ音響専門家に来ていただいて配線などを徹底研究。一つ一つ、入部さんと一緒に「ああでもない、こうでもない」と考えながら作り上げた家でした。何か相談があればすぐに駆けつけてくれたりと、常に身近にいてくれたような気がします。

Q.住み心地はいかがですか?

A.実際に住んで感心したのが、本当に「私たちがどういう風に暮らすか」を考えて作られた家だということ。家事がしやすくなって、休みの日は主人も家でのんびりすることが多くなったようです。家事の手伝いやお風呂掃除も進んでしてくれるようになったかな? 子どもたちも思い切りはしゃいで過ごせるので、とても楽しそうですね。

Q.これからゼストでの家づくりを考えている方へ、メッセージを。

A.入部さんは、まるで自分の家を建てるかのような情熱で取り組んでくれて、一緒に家づくりを楽しんでくれる存在でした。どんな要望を言っても大きな懐で受け入れてくれるので、本当に何でもワガママを言って大丈夫だと思います。たくさんのアイデアを出してくれますよ!

地域別 - すべて にある

その他のお客様の声

ページトップへ