構造・性能面について

■耐震性について

→「耐震等級2」(長期優良住宅基準)以上の基準で設計しています。(耐震等級3をご希望の場合も対応致します。)
ゼストはデザインに注目されがちですが、耐震性能に関しても常に高いレベルを追求し施工することをお約束します。


 

▲柱・耐力壁線の直下率(※)60%以上
(※)直下率とは?
1階と2階の壁の位置、柱の位置の合致するパーセンテージのことです。上階の揺れを受け止める位置にどれだけ下階の構造が配置されているかを確認。
壁量が満たされていても熊本地震の際に倒壊した住宅の多くは直下率が低かったことから注目されている数値です。 

▲剛床工法にすることで耐震性の向上
通常の2倍の厚さの床板を採用。最高レベルの「床倍率3」を誇るゼストの床。
ゼストのお家の床は、建物の水平剛性を保つため、品格法最高レベルの「床倍率3」を標準としています。
厚さ24㎜合板を150㎜ピッチの釘で梁に直接打ちつける剛床は、一般木造住宅の床に比べ、地震の力による床の「ねじれ」 や「ゆがみ」に強く、地震の横揺れに強い躯体を実現します。


▲ベタ基礎(不同沈下にも強い高耐久なベタ基礎を採用)
一般的に家の基礎はベタ基礎・布基礎の二種類に分けられます。
ゼストでは、家の重みや地震や台風などによる荷重にも耐えうる基礎として「ベタ基礎」を採用。
このベタ基礎は、建物の立つ範囲の地盤全てに鉄筋をサイの目に組み上げ、ベースにコンクリートを平らに流し込みます。
建物の範囲全てに流し込むことによって、住宅に掛かる力を分散させ、住宅全体を支える工法です。
住宅の重み・地震・台風など様々な力から住宅を守ります。


■耐久性について

・構造

→外壁通気工法・・・結露を防止し、建物劣化を防ぐため、木造住宅を長持ちさせる外壁通気工法を採用しています。
木造住宅の大敵である壁内の湿気は、建物の内外から侵入します。
外壁通気工法は、柱(軸組)と外壁材の間に空気が流れる隙間(通気層)をつくることによって、壁内の水分を放出するという工法です。
外壁下面の換気口から入った空気は、通気層を上昇して軒裏から排出していきます。
さらに通気層の内側(軸組の外側)に、湿気は通すが水は通さない透湿防水シートを正しい手順で張ることによって、外からの水の侵入を防ぎ、壁内の湿気は通気層へ放出され、結露ができにくい住まいが可能となります。


▲構造材には、無垢材を仕様
構造は日本の土地、風土に最善の方法として生まれた木造軸組(在来)工法+耐震金物を採用。国産の構造材には、徹底した品質管理がされた、杉・桧を使用しています。


・基礎

▲基礎パッキン工法・・・床下隅々まで通気するので、湿気がこもらず耐久性が向上します。


■断熱・省エネルギー性・快適性

・断熱材について

建築地とご希望に合わせたご提案が重要と考えています。

▲セルロースファイバー・・・セルロースファイバーとは、新聞古紙を再利用して出来た、自然素材の断熱材です。高い断熱性能はもちろん、防音効果、吸放湿性能も高い大変優れた断熱材です。津山市、美星町など県北部に最適。もちろん暑がり、寒がりな方にもオススメ。


▲ウールブレス・・・県南部で施工する際に一番よく使う断熱材です。羊の毛100%の高性能な断熱材。


▲アイシネン(現場発砲ウレタン)・・・フロン系ガス等を使用しない100%水発泡の気密・断熱材です。こちらも気密、断熱性の高い断熱材でオススメです。


・省エネルギー性

→アルミ樹脂複合サッシ・・・快適で美しい空間を創造するゼストでは、アルミ樹脂複合インテリアサッシを標準で採用しています。
ライフスタイルの違いを超えて、あらゆる人に望まれる基本性能を徹底追求。開口部だけでなく、住まい全体の快適性を向上させます。

室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室外側に耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を採用。異なる2つの素材の特長を活かし一体化させた複合構造により、高い断熱性を発揮します。
住宅の省エネルギー化はもちろん、躯体内結露を防ぎ、住宅の長寿命化にも貢献します。

・快適性

▲自然素材・・・無垢材、珪藻土、漆喰をはじめとする天然の素材をできるだけ使うことで、快適で心地よい空間を実現しています。

ページトップへ